スパイラルコンサルティングさんの事業譲渡やサイト売買ってどうなの?仲介手数料はどのくらい?

どもアフィマニです。

今日は「スパイラルコンサルティングさんの事業譲渡やサイト売買ってどうなの?」ということで、株式会社スパイラルコンサルティングさんについてまとめておこうと思います。

というのも僕が会社の1事業を売却しようと思った際にちょっとお話を伺える機会があったからです。

そこでお話した際に仲介手数料などについて聞いてみると、、

仲介手数料は基本的には5%

譲渡価格が5億円以下の譲渡であれば基本的には5%の仲介手数料になるそうです。

なので、
・1億円では仲介手数料500万円
・3億円では仲介手数料1500万円
・5億円では仲介手数料2500万円

っていう感じですね。ここらへんは両社なのか、譲渡する方が取られるのかもうちょっと真剣に話を聞けると良かったですね。

ただし、例えば5000万以下なら500万での仲介手数料、5000万~1億では1000万など、場合によっては相談することもなくはないかもということでした。ここらへんは応相談ということなのかもしれないですね。

主に株式譲渡や事業譲渡の会社

僕の会社でお手伝いすることが多いのは主にサイトM&Aなので、基本的にはサイトだけの売買が多いのですが、そこらへんに人がついてくると事業譲渡になったり、あるいは会社ごとになったりすると株式譲渡になったりします。

お話していると、マルチプルとかDCAとかでの計算方法や、デューデリジェンスなどの話が出てきたのですが、ここらへんはまた用語集のところでまとめますが、基本的にはサイト売買ではあまりタッチしないような内容になったりします。

サイト売買だと

サイトのアクセス数、UU,売上どんくらい?ドメインの歴史は?どれくらいの記事が載っている?コンテンツは誰が書いているの?ライターさんの単価は?などなどといったサイトベースの話になることが当然多いのですが、事業譲渡だと変わってきます。

 

事業譲渡、株式譲渡になると

事業譲渡などになると、マルチプルとかDCAとかでの計算方法といった話や、デューデリジェンスなどIMEは?とか、ノンネームシートはどうなっている?などのような話がメインになってきます。

もちろんサイト売買の時でもPLBSとか当然必要になるのですが、それよりもどういう人材がいて、どれくらいの人件費がかかっているか、どのように計算できるか、ロックアップはどれくらいつくのかとかが重要になってきます。こちらもサイト売買の用語についてのページで解説していきたいと思っています!

 

スパイラルコンサルティングさんの住所など

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-9-4 ODAビルディング3F
TEL 0120-123-522

WEB https://ma.scale.style/
役員 代表取締役 太田 論哉
代表取締役 土橋 裕太
取締役 松栄 遥 
取締役 依田 真輔

 

 

こちら実験思考的に設置しています!

僕のコンテンツを読んで少しでも役に立ったことがあればぜひサポートをお願いします!今後の活動費用にさせていただきます!

アフィマニに1000円サポートする!

アフィマニに3000円サポートする!

アフィマニに5000円サポートする!

アフィマニに10000円サポートする!

少しでも役に立った場合は、ぜひSNSなどで共有をお願いします!抽選で素敵なプレゼントをお送りします!シェアいただいた後に僕の方にURLをメールください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA