サイト売買で買ったサイトはどこからメンテナンスする?サイトの買収後のチェックポイント

どもアフィマニです。

「サイト売買で買ったサイトはどこからメンテナンスする?サイトの買収後のチェックポイント」ということで今日はサイトを買った後に弊社で行っているチェックポイントについて記載します。そもそもサイト購入時のドメインレジストラやサーバーの状態にも変わってしまうので一概には言えないのですが、一応一般論として記載しますので、チェックしてみてください。

1.サイトの売買は基本的には同条件で行う

そもそもサイトの購入時はSEOなどの関係から売買は基本的には同条件で行うことが多いです。というのも元々の運営者の使っていたサーバーなどの状況によってSEOは成り立っているわけですが、200サイトぐらい売買をしてきた経験からいうと、結構サーバーを変えちゃうとSEOが動いてしまうことがあります。

なので、サイトの売買はできれば同条件で行うということがいいと僕は思っています。相手がさくらサーバーを使っているのであれば自分のところもさくらサーバーに移動する。相手がXサーバーなら、自分もXサーバーにするというような具合です。これでできるだけ同条件にして移動することによって、本来のそのサイトの今までの実績がそのまま譲渡後も見れるようにするということになります。ドメインレジストラもできるだけ一緒にするという感じですね。

2.ドメインの有効期限、サーバーの有効期限のチェック

これもたまに忘れてしまって大変なことになってしまうことがあるようですが、ドメイン・サーバーなどの有効期限は本当に大事なので忘れないようにしましょう。自分のドメインレジストラにドメインが移動されたら、忘れずにドメインの期限を確認し有効期限が近い場合は延長をしておくようにしましょう。

3.シリウスでもWPでもバックアップを必ず取る。

上記のような対応ができた後には必ずバックアップを取るようにしています。シリウスであればバックアップファイルをそのまま取ることもできますし、(.sbkってファイルですね。)WPであれば、プラグインのAll-in-One WP Migrationというプラグインをいれ、バックアップを取るようにしています。

バックアップは常日頃からとるように心がけていないとなにかあった時に大変なので、常日頃こちらは注意をしておきましょう。

4.SSLがない場合は必ずSSL対応をする。

サイトの状態によってこちらも変わりますが、この時期に買うサイトはSSL対応ができていなかったり、ITP対応、AMP対応ができていない場合があります。ITP対応などはアフィリリンクを変更するとかで対応できますが、SSLができていないサイトはそれだけでSEO的なマイナス要因になりますので、必ず移動後にSSL対応をするようにしています。

ヘテムルサーバーやXサーバーであれば無料のSSLもありますし、無料の場合で嫌な場合でも1年間で12000円ぐらいのものなので、対応はきっちり行うようにしましょう。

5.GA,サーチコンソールの登録など

こちらもどういうサイトで、どういう風に買収して、どういう風に育てていくかにもよるのですが、基本的にコンテンツのサイトでしっかりと今後も運営を考えているのであれば、GA(Googleアナリティクス)サーチコンソールの登録はしっかりと行うようにしましょう。SSL化があってからというもの通常のアクセス解析ではそもそも検索キーワードが見えないようになっていますし、サーチコンソールで一発でアカウントがNGくらうというような話もありますが、そもそもそういう視点で見ていること自体僕はどうなのかなーとか思っています。

 

6.アフィリリンクの変更、特単申請など

上記のメンテナンスができた後にアフィリリンクの変更などに入ります。WPであれば、一括置換や記事の投稿一覧のところで、アフィリタグを検索すればどこを入れ替えればよいのか一発ででますので便利だと思います。

シリウスでも記事の一括置換というボタンがありますので、そこで一気にアフィリタグを置換しちゃうのが早いでしょう。

こちら実験思考的に設置しています!

僕のコンテンツを読んで少しでも役に立ったことがあればぜひサポートをお願いします!今後の活動費用にさせていただきます!

アフィマニに1000円サポートする!

アフィマニに3000円サポートする!

アフィマニに5000円サポートする!

アフィマニに10000円サポートする!

少しでも役に立った場合は、ぜひSNSなどで共有をお願いします!抽選で素敵なプレゼントをお送りします!シェアいただいた後に僕の方にURLをメールください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA