最近のサイト運営について僕が思うこと【2019年に向けて】最新SEO情報も込みで。

どもアフィマニです。今日はここ最近のサイト運営について僕が思うことを書いていきたいと思います。

結論:当たり前のことを当たり前に。

結論だけ先に書いておくと、これかなと思います。ではどうぞ~

 

このサイト自体は僕がセミナーに行った備忘録やここ最近のSEO情報などをメインにまとめているような趣味程度のサイトになるのですが、それでも結構ファンになっていただいたり、「あ、あのサイトの運営者さんなんですか?」とか言ってもらえる時があり、そういう声に支えられなんとか運営をしています。

ここのところもうサイトの運営も必死ですよね。特にSEOで稼いでいる人については

・月商8000万の売上が3000万になったとか
・月商300万が0になっちゃった~とか

とかとかって話をざらに聞くと思うのですが、そもそもSEOでの売上自体をメインに据え、常にあるものだと思って運営していること自体が危ういってことになっちゃうかなと思います。こと昔でいえば例えばリブセンスさんもSEOが下がってしまって、株価が下落したことがありましたよね。この時は、メインサイトのジョブセンスがSEO的にペナルティを受け、SEOが下がって株価が下落したってことなのですが、1本のメディアで大きくなってしまうとこういうことって起きちゃいます。

これアフィリエイトでも同じですよね、結局純広告や成果報酬(アフィリ)、直販だけの違いなので、サイトからユーザーに結び付けて何か商品を買ってもらうのか、アフィリなのかだけの違いってことになります。要はSEOで集客していることには変わりはないので、SEOだけで食っているとこういうことが起こっちゃいます。

逆に中古ドメインばんばん使って複数サイトを運営するとか、アフィリエイトの他にもリアルビジネスがあるとか、そういう分散の仕方をしていればSEOで何かあった時にも対応できるのですが、1つのサイトだけだと打撃が大きかったりします。

そこで今日は僕が今、思うこととしてサイト運営って本来こういうものだよな~っていうのをここに書いておきたいと思います。

参考になるかどうかはわかりませんが、何かの役に立てれば幸いです。

 

結局はお客さんとの信頼

結局はこれにつきると思うのですが、アフィリエイトでもリアルビジネスでも画面の向こうにいるのは人間なので、結局はその人との信頼関係・信用関係でビジネスって大きくなっていくと思います。うちもいろいろビジネスをさせていただき、お客さんがいるからこそ食えていけますし、買ってもらえるからこそ次の投資ができたりします。ここらへんを勘違いしちゃうとアフィリでもこけちゃうのかなーって日々思っています。もちろん僕もうちのお客さんに迷惑かけちゃうこともあるので、ここらへんは自戒の念をこめてですが、、、

お金は後からついてくる

これ僕の大好きな社長がいっていたのですが、「ユーザーのありがとうが売上だから。」っていうセリフがあります。もう10年ぐらい前のセミナー動画でした。結局サイトだろうが営業だろうが一緒で、ちゃんとサイトで表現して、これはいいものですよ、とかこういう部分がよくないですよっていうことをサイトで記載していかないとそりゃ太刀打ちできなくなるでしょうよ。って思います。浅いサイトはだめだってことですよね。

僕はこのサイトで表現しているのは、自分の経験してきたことだから語れますが、経験したことのない例えば女性の妊活とか、デリケートゾーンの悩みとかそういうものはわかりませんし、サイト作れません。そういうサイトを無理やりなにもしらないのにコピペで作ってお金を得ようとする方もいますが、そもそもその行為こそ間違っています^^;そういうことじゃないんだよ、っていう感じですよね。

 

共起語とかについて思うこと

ここ1、2年ほどでファベルカンパニーさんのミエルカの方ですごく有名になった共起語っていうフレーズですが、共起語入れたからってSEOがあがるわけでもありません。僕が共起語について思うことは、いつもスタッフにも言っているのですが、「経験していれば当たり前にでてくるフレーズってあるじゃん?」ってことになります。

例えばこのページを見てほしいのですが、

記事作成代行サービスを一覧で比較!サグーワークス・シノビライティングなどどこがよい?

このページでは記事作成サービスのことについて記事を書いていますが、例えば「文字単価」とか「0.5円」とか「サグーワークス」とか「プラチナライター」とかそういう使っていれば当たり前にしっているフレーズがでてきますよね、これが共起語だと思います。

なので、知らない人間がさも知っている風に、ただ単に共起語を詰め込んでも意味ないよなと思います。AIはもっともっと進化しているはずです。

わからないことは経験する

わからないことって人間だから誰にでもありますよね。そういう時は経験しちゃえばよいのでは?って思います。うちの方で1つ婚活系のサイトを作っていますが、うちのアルバイトやスタッフはみんな婚活アプリ使ったりしてレビュー書いています。当然婚活のサイト作っていて、結婚相談所のことも知らなければ婚活アプリのことも知らないじゃ話にならないですからね。

こちらいまいまの写真です。

こんな感じで業務中にも婚活アプリのチェックをしていたりします。

こういう風に分からなければ経験しちゃえばいいじゃん?って思ってやるようにしています。そうすると知らなかった、キーワード、フレーズ、感想、なんでも出てくると思いますよ。書けることはたくさんあるはずです。

 

最新ニュースは当然載せる

例えばyoutuber関連で逮捕者が出たとしましょう。そういうニュースの記事って当然このサイトであれば、記事に出来ますよね。このサイトはアフィリエイトやそれ周りのサイト売買、中古ドメイン、サイト作成、記事作成、サーバー、youtuber、仮想通貨、投資の仕方、会社運営などについて書いていますが、それにまつわるニュースなどは結構見るようにしています。

スマニュー、グノシー、newspicks!などでも自分に関連するもの、自分が追っている情報なんでも届けてくれるような時代になっていますよね。そういうところでネタを探してくれば書けることはいくらでもあるはずですし、当然ユーザーも最新の情報を検索しているので、ひっかかりやすくなるはずです。あえて狙っていくことなんて簡単ですよね?

文字数何文字書けばよいの?問題

これ初心者の人が多く質問する問題だと思うのですが、どうでもいいですよね、ぶっちゃけ。届けなきゃいけない情報を懇切丁寧に、小学生でもわかるように、でも長ったらしくではなく簡潔に。っていうのが必要になってくる文字数の答えだと思うのです。3000文字がSEOによいとか、5000文字がよいとかそういう話じゃないはずです。

伝えなきゃいけないことは伝えないといけないですし、必要ない情報は必要ない。それだけかなって思います。どうでもいい内容は紹介しませんよね、どうでもいいので。このサイトもそうならないように気を付けて運営しているつもりです。

アフィリエイトはオワコン?そもそも嫌われている?

これもどうでもいい問題の1つかなと思っています。アフィリってそもそも成果報酬っていう形の話なので、じゃあ純広告ならOKなの?バナーならOKなの?インプレッション課金ならOKなの?とか広告ないサイトならOKなの?って問題になります。そうじゃありません。

リンクで誘導してあげるのが親切ならリンクで誘導する、教えてあげる、必要なら紹介してあげるってのが普通ですよね。これだけかなと思います。

わざわざ道聞かれたおばあちゃんに嫌がらせしますか?困っている人がいたら悪さしますか?しませんよね、そういうことかなって思います。

その結果教えてくれてありがとう!助かったわ!で、「チャリーン」ってなるのがアフィリエイトじゃないでしょうか??

運営者情報とか特商法?

載せて当たり前です。誰がいってるの?何の根拠で?誰の責任?そこらへんは開示して当たり前の時代ですよね。悪さする奴が多すぎるからです。今日も楽天でこういうメールがきて大変焦りました^^;

「ウルトラぎおん楽天市場店」で注文完了という身に覚えのないメールが来たら?【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)というスパムで勝手に注文された場合の対処法

さて、2019年どうする?

さて、2019年になりますが、どう生きていきましょう??平成も終わりますしいろいろな問題も起こってきそうです。(2000年問題とかもありましたもんね。)

僕らは知らないのですが、もう第三次サイバー戦争って起こっているって知っていました?だからこういうGDPRとかSSLとかの問題が起きてきているんですよ!寝ている暇はないです!サイトのセキュリティをちゃんとするようにしましょう!

ってことで、

結論:当たり前のことを当たり前に。

以上。なにかのお役に立てば。(こちら2018/12/13の記事になります。)

 

 

こちら実験思考的に設置しています!

僕のコンテンツを読んで少しでも役に立ったことがあればぜひサポートをお願いします!今後の活動費用にさせていただきます!

アフィマニに1000円サポートする!

アフィマニに3000円サポートする!

アフィマニに5000円サポートする!

アフィマニに10000円サポートする!

少しでも役に立った場合は、ぜひSNSなどで共有をお願いします!抽選で素敵なプレゼントをお送りします!シェアいただいた後に僕の方にURLをメールください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA