アドセンス辞めました!(冷やし中華はじめましたの逆風に。)

<% pageTitle %>

冷やし中華~はじめました~♪って懐かしいですね、あの芸人のAMEMIYAさんは今何をやっているのでしょうか。。

さて、どうもアフィマニアです。
この記事のタイトル通りなのですが、ずばり!

アドセンス辞めました!(冷やし中華はじめましたの逆風に。)

というのも実はここ最近このサイトからの収益も泣かず飛ばずで、ただ、アクセスだけはちょろっといただいているようだったので、どうせ何もないよりはアドセンスだけでもってことでちょろちょろとサイトの上やら下にアドセンスを貼っていたのですが、なんかファーストビューから広告があるのってやっぱり美しくないな~と思ったので(単なるデザインができていないだけかもしれませんが。。)

なので、アドセンスはずしました!

どうせはしたがねというか、ちょろっと儲かるだけの話なので。。。

で、ここで考えたいのが、昔Facebookの創設時の映画を見た時にFacebook自身もそこそこ大きくなった時にビジネスモデルを広告収入に切り替えようとした時期があって、(それまでは確か借り入れ)その時に共同でやっていた人間がそれは美しくないってことで広告をFacebookに出さないよう助言したそうです

まあ今では大きな広告収入があるぐらいになってますけどね。昔はそんな時期があったそうです。

アフィリエイトスクールでは濱本さんがよくビジネスについて「美しい」「美しくない」の話をよくしてくれますが、これ結構重要だなと感じます。

川の流れのようにではないのですが、なんというか、ビジネスモデルやその商材への流し込みが「美しい」のか、「美しくない」のかによってその商品が売れるのか、売れないのかってかなり変わってきます。

なので、アフィリエイトで商品を買っていただこうと思った時には「美しく、きれいに誘導してあげるということ」これが1番大事なのではないでしょうか。

これがアフィリエイトスクールでよく言われている思考法ってことで、要は世一さんがよく言う【ストーリー】ってことになります。

ある1人のユーザーがいて、その人が抱えている悩み・・例えば「にきび」だとして、「肌が汚いな~」とか「肌ぼつぼつだな~」とか「にきび治したいな~」と思っていたとして、そこの悩みを解決してあげる、こうすれば改善しますよ、とか、この商品いいですよってことをさらっと言ってあげることによってアフィリエイトってばしばし商品売れていきます。

こちら実験思考的に設置しています!

僕のコンテンツを読んで少しでも役に立ったことがあればぜひサポートをお願いします!今後の活動費用にさせていただきます!

アフィマニに1000円サポートする!

アフィマニに3000円サポートする!

アフィマニに5000円サポートする!

アフィマニに10000円サポートする!

少しでも役に立った場合は、ぜひSNSなどで共有をお願いします!抽選で素敵なプレゼントをお送りします!シェアいただいた後に僕の方にURLをメールください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA